2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

旅行・地域

2019年3月17日 (日)

満観峰に到着

 西登山道からはアスファルトの道からハイキングコース的な道に変わりますが、整備された階段を進み、視界が開けた場所で後ろを振り返ると山の向こうに海が見えました。
Photo Photo_2
 日本坂峠からの道と合流して程なくすると、満観峰山頂に到着です。残念ながら天気が悪く富士山を見ることが出来ませんでしたが、焼津や静岡の街並みを臨むことが出来ました。ここからは鞍掛峠を越えて花沢の里まで下りてきました。
Photo_3 Photo_4

2019年3月14日 (木)

焼津アルプス(満観峰)を目指します。

 しずてつジャストライン「小坂公民館」から焼津市の「満観峰」を目指してハイキングです。小坂地区の街を抜けてミカンのなる木を見ながら歩きます。滝のある不動堂で参拝をしながら小休止です。
Photo Photo_2
 アスファルトの道ですが、勾配が少し急になりながら「満観峰」の案内に沿って進むと、東登り口がありましたが、さらに先にある西登り口から満観峰を目指します。
Photo_3 Photo_4

2019年3月12日 (火)

戦争の名残を残す場所

 朝比奈川沿いに咲くサクラを見ながら歩いていくと、「ばくだん」と書かれた看板が。太平洋戦争時代に米軍機B29が来襲し、250kg級と推定される爆弾18発が投下され、川左岸に着岸して大きな穴が開き「淵」が出来、河川改修が行われるまで鮎釣り場や水泳の練習場に使用され「バクダン淵」と言われています。
Photo Photo_2
 山の手地区にはのぼりも取り付けられてにぎやかな雰囲気でした。
4 5

2019年3月11日 (月)

焼津の早咲きサクラの名所

 しずてつジャストライン「岡部営業所」バス停からウォーキングスタートです。営業所内にはしずてつジャストラインの路線バスが休んでいます。営業所の脇道から川沿いの道に出ます。
Photo Photo_2
 しばらく進むと、早咲きのサクラに出合いました。川沿いに咲くサクラを見ながら進みます。
1 2

2019年3月 3日 (日)

おでん列車に乗って

 大井川鐡道・冬のイベント列車「おでん列車」に乗車してきました。新金谷駅からのSL列車「かわね路」号にお座敷車両を連結します。新金谷車両区から牽引する「C11」が出庫しヘッドマークをつけて出発です。
Sl Photo
 おでんとお弁当に缶ビール、ペットボトルのお茶がテーブルにならびます。大井川を眺めながら千頭駅までののんびりとした時間を過ごすことが出来ました。
Photo_2 Photo_3

2019年3月 1日 (金)

しずてつジャストライン路線バスに乗って

 新静岡バスターミナルからしずてつジャストライン「丸子小坂線」に乗車して「満観峰」ハイキングに向かいます。小坂公民館行きは丸子線、中部国道線と同じ乗り場から発車しますが、本数は少ないです。
Photo Photo_2
 小坂公民館行きのバスが乗り場に入ってきて、数名のお客さんを乗せて出発です。
Photo_3 Photo_4

2019年2月12日 (火)

津久井城跡へ

 飯綱神社の境内を抜けて、大杉・宝ケ池方面へ。城山を長い間見守っていたご神木でした平成25年の落雷で焼失してしまいましたが、大きな幹を眺めると心が洗われるような気がしました。
Photo Photo_2
 堀切と引橋は敵を防ぐ防御施設として使用され、375mの城山山頂に到着します。ここからも木々の間からの眺めを見ながらしばし休憩です。
Photo_3 Photo_4

2019年2月 9日 (土)

湖のほとりにある城址

 津久井湖の横にそびえる「城山」はかつて津久井城と呼ばれる山城でした。戦国時代には北条氏につかえた内藤氏が城主をつとめ、1590年の豊臣秀吉による小田原攻めで落城しましたが、当時の遺構が今も残っています。
Photo Photo_2
 津久井湖観光センターからスタート。早速、江川ひのき林が広がります。神奈川県美林50選に選ばれた樹齢100年以上のひのき林です。鎖場のある荒川登山道を進みます。
Photo_3 Photo_4

2019年2月 6日 (水)

相模湖沿いに歩く

 国道沿いを歩くと相模湖の中に島があり、監視塔のような建物が建っています。東京オリンピックのボート競技が相模湖で開催された際の監視する設備がそのまま残っています。嵐山隧道脇の歩道を歩くと相模湖大橋です。
Photo Photo_2

2019年2月 5日 (火)

嵐山から国道へ

 嵐山頂上からの相模湖を眺めて、今度は下り坂を進みます。途中にはかなり道幅が狭い箇所もあって慎重に歩きを進めます。視界が広がり相模湖プレジャーフォレストの観覧車が見えてきます。
Photo Photo_2
 再び相模湖が見える場所を過ぎて、階段を下ると「ねん坂」バス停に出ます。ここからは国道を歩きながら相模湖公園を目指します。
Photo_3 Photo_4

より以前の記事一覧