2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

文化・芸術

2018年2月10日 (土)

銭湯と横浜・・・・・

 横浜市歴史博物館で「横浜と銭湯」の特別展示が開催されています。昭和30年代に活躍した電気洗濯機や冷蔵庫などの家電用品や当時の給食を再現したコーナー展示があります。銭湯の玄関にある暖簾を見ながら、銭湯にあった備品が展示されています。
Photo Photo_2
 番台が再現されていて入ることも出来るようでした。脱衣場に必ずある体重計にも乗ることができます。脱衣カゴや湯桶、タオル、サウナがある設備があった銭湯には砂時計など、興味をひく展示が多かったです。
Photo_3 Photo_4

2014年5月11日 (日)

川崎大師・大開帳

 川崎大師の恒例行事の御本尊厄除弘法大師大開帳奉修の年になります。山門脇にも行事を示す木板があります。

Photo_7 Photo_8

 大開帳は10年目毎に奉修されるのがならわしで、期間中は御本尊につながらお手綱が大本堂前の供養塔に設けられます。

Photo_9 Photo_11

 また、期間中には尊い護符「赤札」が授与されますが、多くの人が並んでいます。

Photo_12 Photo_13

2011年11月 7日 (月)

黄金町バザール?

 京浜急行・日の出町駅を降りると「黄金町バザール」と書かれた看板があり、気になったので会場となっている大岡川沿いの道に出ました。大岡川には桟橋が作られていました。

Photo_13 Photo_14

 横浜トリエンナーレの特別連携プログラムとして、国内外のアーティスト約30組が、実際に黄金町に滞在しながら多彩なプロジェクトを展開し、既存のスタジオや店舗空間の他に、京浜急行高架下に新施設もOPENさせてアトリエと発表の場として3か月の期間で開催されていました。

Photo_15 Photo_16

 そんな中、「日ノ出湧水」が大岡川沿いに沸いていました。幕末・明治期には段階的な埋立が行なわれて、関内・関外地域では良質な水を確保することができなかったため、野毛山の裾野に位置した日ノ出町周辺は、自然な湧水に恵まれて横浜港に寄港する船舶の飲料水として提供されたと言われています。現在は、飲み水としては使用できませんが、非常時の生活用水として確保されています。

Photo_17 Photo_18

2011年6月 9日 (木)

交通科学博物館へ

 JR大阪環状線・弁天町駅高架下にあるのが「交通科学博物館」です。館内に入ると、東海道新幹線開業時に登場した0系新幹線とリニアモーターカーが並んで展示されていました。

Photo Photo_2

 機関車や客車の他にも、国鉄東名ハイウェイバス第1号車や飛行機・バイクなども展示されており見ているだけで飽きません。

Photo_3 Photo_4

 運転シミュレーターや鉄道模型の運転コースなどもありましたが、私が好きだったのは駅構内やホームなどで次の列車が何時にどこ行きかを示すタラップ式の表示板で、自分で設定した時間や列車名・行先を設定できるので、実際にありえない列車の行先を選択できます。

Photo_5 Photo_6

2009年7月 7日 (火)

富士参りの名残り

 富士吉田駅から歩いて15分ほどに「富士山」の鳥居をくぐり、林に囲まれた参道を歩くと、「北口本宮富士浅間神社」に着きます。富士山の噴火を鎮めるために建立されたのが始まりとされる由緒ある神社です。本殿は国の重要文化財に指定され武田信玄が再建されたものです。Photo Photo_2                                                 

                                

                                

                                 

                                                           

 神社を参拝後、再び富士みちに戻ると富士吉田駅を出発した富士急行バスが御殿場駅に向けて走っていきました。この富士みち沿いには「御師」と言う家が多くならんでいます。「御師」とは富士山の神霊と崇拝者の間にたち、崇拝者に代わって祈りをあげ、お札を配り、登拝(信仰登山)の際には、自宅を宿泊所として提供し。富士信仰を広める役割をした人々を言います。入口には大きな門が立ち当時の雰囲気を出しています。Photo_3 Photo_4           

                             

                                 

                              

                                                         

 御師の家の一軒は、資料館として開放されており内部を見学することが出来ます。私一人だけだったせいもありますが、館内の人が説明をしてくれました。話を聞いているうちに何だか富士山に登りたくなってきました。御師の居住する地区の入口には「金鳥居」が立てられています。ここから下吉田地区を目指します。Photo_5 Photo_6

2009年6月13日 (土)

富士山詣で

 と言っても、東京都浴場組合が開催している10軒の銭湯を回ってスタンプを集めて、「オリジナル富士山背景画」をもらうイベントを平成21年9月30日まで実施しており、私も早速参加するため、第1湯目を訪れました。世田谷区奥沢にある「つばめ湯」です。Photo Photo_2            

                                

                                

                                 

                                                              

 電気風呂の他にスチーム風呂やサウナもあって、利用されている方も多く見受けられました。第2湯目は、東急多摩川線沼部駅近くにある「花の湯」です。こちらもサウナがありジュースが100円で思わず購入してしまいました。残り8湯マイペースで入湯したいと思います。

2009年6月 9日 (火)

富山の薬

 富山と言えば「くすり」が有名で、富山駅のお土産屋さんでも薬が販売されています。パッケージやネーミングが面白いものが沢山ありました。更に富山市岩瀬の回船問屋跡の建物を見学したときにも、薬箱が置かれていて家庭薬としても定着しているようです。Photo Photo_2           

                                

                               

                                 

                                                               

 富山市内を走る「富山地鉄バス」のバス広告にも、富山の薬メーカーが掲示されていました。Photo_4