2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

グルメ・クッキング

2019年9月14日 (土)

ついついおかわり・・

東名高速道路の鮎沢パーキングエリアで昼食。セットのご飯はおかわり無料。高速道路のパーキングエリアやサービスエリアで、「ご飯おかわり無料」のお店はなかなか無いのではないでしょうか。

Dsc_0057

2018年6月 1日 (金)

ほるもん揚げ・・・・・でも・・・

 西富岡駅から更に歩いて再び、上州富岡駅まで戻ってきました。ちょうど下仁田行きの「ぐんまちゃん」ラッピング車両が発車しました。駅に戻ると変わったバスが通過していき、乗り場まで行くと電気バスで100円で富岡の街並みを廻りながら富岡製糸場まで往復するようです。
Photo Photo_2
 早速100円を払って乗車します。ガイドさんの説明を聞きながらゆっくりとしたスピードで巡ります。お昼にラーメンを食べて商店街を歩いていると「ほるもん揚げ」の表記が・・・・・。早速買ってみると竹輪のフライでした。なぜ「ほるもん揚げ」が気になりながら富岡を後にします。
Photo_3 Photo_4

2014年7月 3日 (木)

少し贅沢な気分に・・・・

 ミヤコーバス塩釜営業所から歩いて15分ほどの場所に、「塩釜水産物仲卸市場」があります。

Photo_7 Photo_8

 市場内は一般の人も入場が可能で購入することもできます。マグロや鮮魚を取り扱う店や三陸産のワカメやホヤを販売するお店もあります。中でも市場内のお店で購入したお刺身や焼き物を買って食べることができるコーナーもあって、ご飯とみそ汁がついて300円でお刺身などは別途購入が必要ですが、自分でお店を回りながら楽しむことができます。

Photo_9 Photo_10

 市場周辺で海を見ることができます。旧市場は東日本大震災の被害を受けて、復旧工事中のようです。まだまだ復興には時間がかかりそうです。

Photo_11 Photo_12

2013年4月18日 (木)

バス停の終点から・340

 JR外房線の勝浦駅前にある「勝浦駅」バス停です。小湊鉄道バスが御宿駅や興津駅・勝浦海中公園などの路線が発着します。JR外房線複線化(上総一の宮~勝浦間)を記念した碑が建てられています。

Photo_5 Photo_6

 駅前にあるタクシー会社の各地への概算料金が書かれた表があり、羽田空港や成田空港・東京駅などもありますが、勝浦駅から利用する人がいるのかなあ。ロータリーに立ち食いそば・うどん屋さんを発見。

Photo_7 Photo_8

 メニューを見ると「たまごかけご飯」を見つけ注文。暑かったので「冷やしたぬきそば」も一緒に注文。どちらもシンプルな味で美味しくいただきました。

Photo_9 Photo_10

2012年9月20日 (木)

がんばっぺ!いわき!!

 東急田園都市線・つきみ野駅より徒歩5分ほどのラーメン屋さんで昼食。メニューを見ると、「東日本大震災応援メニュー」と書かれた豆腐が気になったので注文。福島県いわき市で有名な「大葉豆腐」を使った「ネギ奴」です。白ネギがトッピングされゴマ油の風味が効いておいしかったです。

Photo Photo_2

 ラーメンも注文しましたが、少し復興の手助けが出来たかなと思っています。

Photo_3

2012年4月25日 (水)

大洗名物?

 県道を那珂湊方面へ歩くと、「いかやき」と書かれた屋台を発見しました。メニューは焼きそば・焼きもろこしとあるなかで、「いかやき」を選びました。

Photo_7 Photo_8

 いかのげそを炭火で焼いて3等分に切って、自家製のたれと鰹節・しょうがをかけて完成。しょうがの風味が何とも言えませんでした。大洗海水浴場の駐車場にも数件の屋台があり、「いかやき」と書かれており、大洗名物なんだろうと思いました。

Photo_9 Photo_10

 大洗から那珂湊へ向かうには那珂川に架かる「海門橋」を渡り、ひたちなか市へ入ります。なかみなと商店街を抜けると那珂湊駅です。

Photo_11 Photo_12

2011年11月11日 (金)

長野県上田市へ

ブログネタ: 食べてみたい“ご当地グルメ”は何?参加数

 しなの鉄道・小諸駅前から16時15分発の上田駅経由秋和行・千曲バスに乗車しました。小諸駅から乗客は私1人。車両不具合で車両変更があったようで通常の車両とは異なり、日野自動車のRAINBOWが運用に入っているようでした。ブレーキを踏むと「急停車に注意」。方向指示器を出した方向に矢印が出る車内表示も珍しくなりました。

Imgp4851 Imgp4853

 しなの鉄道をほぼ平行して走る国道を進みますが、降りる人もいないし乗る人もいないのでバス停をどんどん通過。信濃国分寺駅前バス停を過ぎて、上田駅の少し手前で一人が乗車して、そのまま上田駅へ。私ともう一人のお客さんは上田駅で降りて、駅からは1人のお客さんを乗せて出発しました。

Imgp4855 Imgp4860

 夕食を食べようと、駅から徒歩10分ほどのお蕎麦屋さんへ。ざるそばの「中」を注文しましたが、半端ない量でした。でも手打ちそばのようでおいしく頂きました。信州を訪れたら「蕎麦」を食べないと・・・・

Imgp4858 Imgp4859_2

2011年10月23日 (日)

食欲の秋・・・

ブログネタ: あなたは和食派? 洋食派?参加数

 和食派か洋食派かと聞かれると、そばやうどんを地方へ出かけた時には良く食べて、トッピングで「天ぷら」などを注文しますし・・・・

Photo_8 Photo_9

 駅弁も好きで、幕の内弁当やおかずも基本的に和食系のものが多いので、和食派になるのでしょうか。

Photo_14 Photo_15

 また、定食も大好きで、関西へ旅行に出かけた時には「やきそば定食」があるお店では必ずと言っていいほど注文します。でも、「やきそば」がすきなので中華派になるのでしょうか?

Photo_10 Photo_12

2011年6月28日 (火)

富士吉田と言えば・・・・

 富士急ハイランドを後に再び「御坂みち」を進むと石塔があります。「最乗塔」と言われ、大乗経を一字一石に書写して、村の安全などのために納めたものと書かれ、武田氏と北条氏の合戦場だったようですが、その面影は残っていない。「剣丸尾」バス停からは少し頭を覗かせた富士山を見ることができました。

Photo_8 Photo_9

 富士吉田警察署を過ぎて、「平成通り」を横断すると富士吉田駅まであと少しです。富士吉田駅はスイッチバック式のため大月方面と河口湖方面の列車が両方向から進入してきます。ちょうど115系が富士吉田駅に入線するためやってきました。富士山をバックに撮影することが出来ました。富士山のそばなのに「高尾山」と書かれた神社もありました。

Photo_10 Photo_11

 富士吉田と言えば「うどん」です。駅からほど近いうどん屋さんで「かけうどん」を注文。お麩・なると・ネギが入ったシンプルなうどんですが、コシがありおつゆも薄味で美味しくいただきました。

Photo_12Photo_13

2011年6月11日 (土)

時間も無いので・・・

ブログネタ: 朝ごはん、何分で食べる?参加数

 朝起きて、みじたくをして5分~10分以内で食べる事が多いです。食パンをトーストにして牛乳を一緒に食べています。

Photo_13 Photo_14

より以前の記事一覧