« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月28日 (木)

焼津市内で見つけました。

焼津市内で見つけました。
顔出しパネルのようですが、イラストが面白かったので一枚撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月27日 (水)

岳南電車・岳南原田駅

 静岡県富士市の吉原駅から岳南江尾駅を結ぶ岳南電車。途中にある岳南原田駅は無人駅ですが、駅舎の一部に、トッピングで天ぷらが選ぶことができるそば屋さんがあります。昼食を頂いたあとに、ちょうど列車が到着する時間で、行き違いが出来る駅なので吉原行と岳南江尾行が到着します。
1 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月26日 (火)

富士山は見えず

 JR東海道本線の名撮影地のひとつ、由比から興津間の国道1号線沿いにあるポイントから撮影。残念ながら富士山を見ることは出来ませんでしたが、特急ふじがわの走行写真を撮影することができました。
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月25日 (月)

この行き先もまもなく・・

この行き先もまもなく・・
3月のダイヤ改正で杉52系統を含めた路線改編があり、運行終了になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月24日 (日)

バス停の終点から・299

 しずてつジャストライン「丸子営業所」バス停です。新静岡バスターミナルへの路線が発着するほか、新静岡バスターミナルと藤枝駅を結ぶ「中部国道線」が発着します。
Photo Photo_2
 バス停の名前通りで、しずてつジャストライン丸子営業所があります。路線バスの車両のほかに高速バスに使用される車両や静岡市内を周遊する漫遊バスの車両が配置されています。定期観光バスに使用される車両には「ちびまる子ちゃん」のイラストが描かれています。
Photo_4 Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月22日 (金)

焼津市のマンホール

焼津市のマンホール
静岡県焼津市内にあるマンホール蓋。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月21日 (木)

静岡鉄道・1000系

 新静岡バスターミナルからの路線バス乗車時間まで少し余裕があるので、新静岡駅を発着する静岡鉄道の車両を撮影することに。
Photo Photo_2
 新型車両の導入により、1000系の活躍の場が少なくなっており1005号・1015号がまもなく引退となるためヘッドマークが取り付けられています。「ちびまる子ちゃん」ラッピング列車にも出会えて撮影日は急行種別板が取り付けられて急行運用についていました。
Photo_3 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月20日 (水)

久しぶりに夜の東名高速

久しぶりに夜の東名高速
日本平パーキングエリアで一休み。トラックが走る台数がさすがに多かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月19日 (火)

武蔵小杉駅にて

武蔵小杉駅にて
川崎フロンターレラッピングバスが出発。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月18日 (月)

静岡を訪れた時には・・・

静岡を訪れた時には・・・
静岡県内に店舗がある「スマル亭」。そば・うどんがメインのメニューで、「スマル亭食」を注文。かき揚げそばとひじきの炊き込み御飯がセットになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月16日 (土)

静岡市で見つけたマンホール蓋

静岡市で見つけたマンホール蓋
ちびまる子ちゃんの作者さくらももこさんが寄贈したマンホール蓋を静岡市内で見つけました。街中を歩くなかで見つけ気持ちもほっこりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月15日 (金)

made in 袋井

made in 袋井
しずてつジャストラインの路線バス。電化製品のPRをしたラッピングバスですが、静岡県袋井市で作られている事を知りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月14日 (木)

静鉄グループ創立100周年

静鉄グループ創立100周年
1908年にお茶を清水港に輸送するため、静岡から清水までを結ぶ軽便鉄道が開通。その事業を引き継いだ駿遠鉄道株式会社が1919年に設立され、2019年に静岡鉄道グループは創立100年を迎えます。静岡市内を中心に路線バスを運行する、しずてつジャストラインの回送表示に「100周年記念マーク」をつけて運行しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月13日 (水)

久しぶりに特急列車で旅に

久しぶりに特急列車で旅に
西伊豆に旅行へ出かけた際、久しぶりに特急踊り子号で伊豆急下田駅から乗車。185系がいつまで活躍するのか気になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月12日 (火)

津久井城跡へ

 飯綱神社の境内を抜けて、大杉・宝ケ池方面へ。城山を長い間見守っていたご神木でした平成25年の落雷で焼失してしまいましたが、大きな幹を眺めると心が洗われるような気がしました。
Photo Photo_2
 堀切と引橋は敵を防ぐ防御施設として使用され、375mの城山山頂に到着します。ここからも木々の間からの眺めを見ながらしばし休憩です。
Photo_3 Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月11日 (月)

バスターミナル

バスターミナル
4台の車両が待機しているのは珍しいような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日)

開業15周年

開業15周年
横浜高速鉄道みなとみらい線が開業して15年を迎え、記念ヘッドマークを装着した1編成が運行中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 9日 (土)

湖のほとりにある城址

 津久井湖の横にそびえる「城山」はかつて津久井城と呼ばれる山城でした。戦国時代には北条氏につかえた内藤氏が城主をつとめ、1590年の豊臣秀吉による小田原攻めで落城しましたが、当時の遺構が今も残っています。
Photo Photo_2
 津久井湖観光センターからスタート。早速、江川ひのき林が広がります。神奈川県美林50選に選ばれた樹齢100年以上のひのき林です。鎖場のある荒川登山道を進みます。
Photo_3 Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 8日 (金)

デビュー当時の塗装

デビュー当時の塗装
新宿と箱根を結ぶ、小田急箱根高速バスですが現在は小田急グループカラーで運行している車両が多いなか、1両のみ運行開始当時の塗装です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 7日 (木)

西武特急・小江戸号

西武特急・小江戸号
西武新宿駅から本川越駅を結ぶ特急列車。22時台の列車は通勤客を運ぶビジネス特急になるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 6日 (水)

相模湖沿いに歩く

 国道沿いを歩くと相模湖の中に島があり、監視塔のような建物が建っています。東京オリンピックのボート競技が相模湖で開催された際の監視する設備がそのまま残っています。嵐山隧道脇の歩道を歩くと相模湖大橋です。
Photo Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 5日 (火)

嵐山から国道へ

 嵐山頂上からの相模湖を眺めて、今度は下り坂を進みます。途中にはかなり道幅が狭い箇所もあって慎重に歩きを進めます。視界が広がり相模湖プレジャーフォレストの観覧車が見えてきます。
Photo Photo_2
 再び相模湖が見える場所を過ぎて、階段を下ると「ねん坂」バス停に出ます。ここからは国道を歩きながら相模湖公園を目指します。
Photo_3 Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 4日 (月)

嵐山から見た相模湖

 ハイキングを開始して緩やかな上りから急な上りになり、かなりきついコースの感じに思いながら30分ほどで頂上に到着。平らな頂上から見る相模湖は綺麗でした。水上神社が鎮座する静かな頂上をあとに再びハイキング開始です。
Photo Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 2日 (土)

開業から15年

開業から15年
横浜駅からみなとみらい地区を経由して元町・中華街駅まで結ぶ、みなとみらい線が開業15年を迎えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 1日 (金)

嵐山と言っても・・・・・

 神奈川県相模原市にある相模湖です。相模ダムは発電・水道に使用する目的で昭和22年に完成しました。相模湖湖畔にそびえるのが「嵐山」です。
Photo Photo_2
 相模発電所脇にある登山口から登ることができます。「かながわの景勝50選」の一つに選ばれている「嵐山からの相模湖」を見るためにハイキングスタートです。
Photo_3 Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »