2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 木曽路を歩く(馬籠宿へ) | トップページ | 新金谷駅にて »

2014年7月27日 (日)

木曽路を歩く(馬篭宿へ)

 「落合の石畳」を抜けて日差しがまぶしい道を進むと、「新茶屋」の書かれたバス停があり、真向いには名前の通りに「新茶屋」が建っています。江戸時代には200mほど岐阜県側に入った場所にありましたが、江戸終期に現在の場所へ移ったため、この名前が付きました。

Photo Photo_2
 

 神坂地区には、正岡子規の歌碑がある場所が「信州サンセットポイント」に選ばれています。小高い丘は「馬篭城跡」です。

Photo_3 Photo_4

 田園地帯を抜けて石段を上ると、馬篭宿です。中津川駅への北恵那交通と南木曽駅へのおんたけ交通の路線バスがそれぞれ発着します。

Photo_5 2

« 木曽路を歩く(馬籠宿へ) | トップページ | 新金谷駅にて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木曽路を歩く(馬篭宿へ):

« 木曽路を歩く(馬籠宿へ) | トップページ | 新金谷駅にて »