2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 京急ウォークラリー(港町を歩く) | トップページ | バス停の終点から・289 »

2012年4月 8日 (日)

京急ウォークラリー(おだやかな海沿いを歩く)

 二町谷地区へ入ると小さな漁港が見えてきますが、三崎漁港の一部に該当する港です。海外(かいと)地区には、神奈川県天然記念物に指定されている「スランプ構造」の崖を見ることが出来ます。

Photo_13 Photo_14

 尾志倉バス停のそばには、「油壺シーサイドタウン」と言うマンションが建ち、南国を思わせる雰囲気になっていました。諸磯湾に出るとおだやかな入り江にヨットハーバーがあります。

Photo_15 Photo_16

 油壺湾は現在は、「かながわの景勝50選」に選ばれる景勝地ですが、名前の由来は新井城であった戦いで血が湾内に流れ、油のようになったことから名づけられています。油壺マリーナなどがある中、油壺公園内には、新島・利島ヨットレース遭難の碑と書かれて碑が立っていました。

Photo_17 Photo_18

« 京急ウォークラリー(港町を歩く) | トップページ | バス停の終点から・289 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京急ウォークラリー(おだやかな海沿いを歩く):

« 京急ウォークラリー(港町を歩く) | トップページ | バス停の終点から・289 »