2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 京急沿線ウォークラリー(日の出町駅から大岡川へ) | トップページ | バス停の終点から・263 »

2012年1月 9日 (月)

京急沿線ウォークラリー(地下鉄はどこから入るのでしょう)

 山王橋を渡ると、日枝神社に到着します。横浜が発展するための第一歩でもある「吉田新田」の開発者である吉田勘兵衛良信が、江戸の山王権現を勧請し、新田の鎮守として1673年に創建されました。

Photo_7 Photo_8

 バス停の名前にもなっていますが「お三の宮」の愛称で親しまれています。でも鳥居を入って両側に構える獅子像はとても怖かったです。大岡川沿いから鎌倉街道沿いを進みます。横浜市営地下鉄・蒔田駅前には、「横浜市営地下鉄 第1号車両搬入の地」と書かれた説明看板があります。昭和47年12月に上大岡駅~伊勢佐木長者町駅間が開業しましたが、当時は車両基地や地上部の線路が無かったので、昭和46年3月。地上部にスペースがあり、搬入作業に支障がない直線線路部の場所として、蒔田駅周辺からクレーンを使って地上から搬入したと書かれています。

Photo_9 Photo_10

 昔、春日三球・照代さんの「地下鉄がどこから入れるのか・・考えると眠れなくなる~」と言う漫才がありましたが、これで解決出来そうです。蒔田駅の隣りには、杉山神社が祀られています。横には鎌倉街道があり車の往来がかなりありますが、一歩境内に入ると、静かな雰囲気が訪れます。鎌倉街道を上大岡方面へ進みます。

Photo_11

« 京急沿線ウォークラリー(日の出町駅から大岡川へ) | トップページ | バス停の終点から・263 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京急沿線ウォークラリー(地下鉄はどこから入るのでしょう):

« 京急沿線ウォークラリー(日の出町駅から大岡川へ) | トップページ | バス停の終点から・263 »