2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 東海道を歩く(勾配もきつくなり・・・) | トップページ | スタミナがつきそう »

2012年1月19日 (木)

東海道を歩く(静岡県から神奈川県へ)

 石畳の急坂を上るとゴルフ場脇を抜けると箱根峠です。ここは静岡県と神奈川県の県境になり、沼津箱根登山バスと箱根登山バスの共通バス停「箱根峠」からは木々の間から芦ノ湖を見ることが出来ます。

Photo_8 Photo_9

 箱根峠周辺は歩道が無く、国道1号線と箱根新道が合流する場所のため車の往来が多くてあるのがやっとです。道の駅箱根峠の手前から再び旧街道へ入りますが、いきなりの下り坂で、「挟石坂」「釜石坂」と下りが続きます。

Photo_10 Photo_11

 国道1号線をくぐり、向坂地区に入ると石仏群が左側に見えます。「芦川の石仏群」と言われ、もとは芦川神社の境内にあったものを移したと言われ、箱根で最も古い庚申塔や、江戸時代後期に立てられた多くの巡礼供養塔などがあります。国道1号線へ再び出るとゴールの箱根町に到着です。三島駅から約4時間で富士山は見えませんでしたが天気に恵まれてよかったです。

Photo_12 Photo_13

« 東海道を歩く(勾配もきつくなり・・・) | トップページ | スタミナがつきそう »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東海道を歩く(静岡県から神奈川県へ):

« 東海道を歩く(勾配もきつくなり・・・) | トップページ | スタミナがつきそう »