2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« バス停の終点から・208 | トップページ | 走って20年・・・ »

2011年6月 1日 (水)

なまこ壁の街・松崎を歩く

 松崎バスターミナルから商店街を抜けると、那賀川に架かる「ときわ大橋」を渡ります。なまこ壁風の欄干で綺麗な絵も描かれています。

Photo_7 Photo_8

 川を渡ると、松崎町観光協会の建物は教会で使用されていたようなステンドグラスが印象的な建物でした。薬種商を営む近藤家の長男として生まれ、アルカノイドの研究に大きな功績を残した「近藤平三郎」の生家が立派な「なまこ壁」の建物として公開されています。「長八美術館」では、漆喰とコテで絵を描き「八方にらみの龍」などの傑作を残した「入江長八」の作品を展示しています。

Photo_9 Photo_10

 また、明治時代に呉服商家として建てられた「中瀬家」も那賀川沿いに建ち、母屋や土蔵を見学することができます。

Photo_11 Photo_12

« バス停の終点から・208 | トップページ | 走って20年・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なまこ壁の街・松崎を歩く:

« バス停の終点から・208 | トップページ | 走って20年・・・ »