2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 旧東海道を歩く(前後駅をスタート) | トップページ | 旧東海道を歩く(有松をあとに・・・) »

2011年4月 2日 (土)

旧東海道を歩く(桶狭間合戦場へ)

 名古屋鉄道・中京競馬場前駅は国道1号線沿いにあり、駅名通りに「中京競馬場」の最寄り駅で開催日には、通常は普通列車のみの停車ですが、急行・準急列車も停車します。駅からすぐの交差点から、桶狭間合戦場跡への案内板があります。

Photo Photo_2

 ゆるやかな上り坂の途中にあるのが、「桶狭間合戦場跡」です。公園のようになっており東屋や庭園風になっていますが、織田信長と今川義元が戦い、今川義元が敗れた場所でもあります。鷲津・丸根城を攻め落とし、この地で休憩を取り昼食を取っていた今川軍・・・天候が急変して夕立となり、狼狽した隙を狙って織田軍が攻め込み、戦いの時間は2時間という結果となりました。その織田軍が待機していた「大将ヶ根」から側道に入ると、有松です。

Photo_3 Photo_4

 「有松」は、染物の「有松絞り」で有名な街で知られ、沿道に「有松絞り」を扱うお店が多く並びます。また歴史的な建物も多く、郵便局も周囲の景観に配慮した建物になっていました。

Photo_5 Photo_6

« 旧東海道を歩く(前後駅をスタート) | トップページ | 旧東海道を歩く(有松をあとに・・・) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧東海道を歩く(桶狭間合戦場へ):

« 旧東海道を歩く(前後駅をスタート) | トップページ | 旧東海道を歩く(有松をあとに・・・) »