2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 旧東海道を歩く(小夜の中山へ) | トップページ | 駅からハイキング(保土ヶ谷駅をスタート) »

2011年2月11日 (金)

旧東海道を歩く(ゴールの金谷駅)

 「小夜の中山」からは下り坂となり、茶屋で購入した「子育飴」をなめながら歩いていきます。茶屋畑も急な斜面でも立地を生かして段々になっていました。掛川市から島田市へ入ります。

Photo Photo_2

 坂を下りきった場所が「合の里・菊川」と書かれた地域に入ります。金谷宿と日坂宿の間にある場所を意味して「合の里」と言われているようです。石畳を歩いて金谷を目指します。

Photo_3 Photo_4

 金谷に入ると石畳も下り坂になりますが、途中に地蔵尊があり「石畳で滑りにくい」と言う事から「すべらず地蔵尊」と名付けられています。石畳を下った場所にあるのがJR・大井川鉄道が発着する金谷駅へ到着です。

Photo_5 Photo_6

« 旧東海道を歩く(小夜の中山へ) | トップページ | 駅からハイキング(保土ヶ谷駅をスタート) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧東海道を歩く(ゴールの金谷駅):

« 旧東海道を歩く(小夜の中山へ) | トップページ | 駅からハイキング(保土ヶ谷駅をスタート) »