2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 木曽路を歩く(トチの木と新聞スタンド) | トップページ | バス停の終点から・122 »

2010年7月 2日 (金)

木曽路を歩く(木曽平沢地区)

 木曽平沢は木曽漆器の製作上で重要な素材である良質な錆土が確保出来たことから、明治の初め頃から産業として基盤が確立し、漆工町として発展しました。

Photo Photo_2

 また奈良井川沿いに位置して「重要伝統的建造物保存地区」として保存されており、新築・増改築・修繕:色彩変更等の外観に影響する現状変更には許可が必要になっているほど町並みとして保存されています。またJR中央本線の木曽平沢駅が最寄り駅ですがこちらも無人駅となっているようです。

Photo_3 Photo_4

 平沢地区から次の奈良井宿までは「信濃路自然歩道」として奈良井川沿いを進みます。川の反対側に小高い丘が見えてきますが、木曽路の一里塚が残されています。

Photo_5 Photo_6

« 木曽路を歩く(トチの木と新聞スタンド) | トップページ | バス停の終点から・122 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木曽路を歩く(木曽平沢地区):

« 木曽路を歩く(トチの木と新聞スタンド) | トップページ | バス停の終点から・122 »