2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 美濃路を歩く | トップページ | 2010年度・初ウォーキング »

2010年4月17日 (土)

古い文化と歴史が残る・須ヶ口

 美濃路を歩いていると名古屋鉄道・須ヶ口駅に着きます。豊橋と岐阜を結ぶ名古屋本線と津島方面を結ぶ津島線の4面ホームを有する分岐駅です。また須ヶ口工場もあり名鉄電車が留置されています。

Photo Photo_2

 新川橋の袂に「津島街道道標」が残されており、名鉄同様に須ヶ口は美濃路と津島街道との分岐点となっています。美濃路は少し道幅が狭くなりますが車の往来は多くなりました。

Photo_3 Photo_4

 美濃路沿いにある「瑞正寺」には日本一と言われている高さ4.7mの「宝塔」があります。この近くに尾張藩の処刑場があり処刑された罪人の菩提を弔うため建てられたもので処刑される人がこの宝塔で合掌礼拝して処刑された書かれています。大きさにビックリしましたが、説明板を読んでさらにビックリしました。更に美濃路沿いの古い家には「屋根神様」があり、名古屋から尾張に広まった信仰で、津島神社・秋葉神社・熱田神宮の3つの神社のお札が祭られていますが、戦後から取り壊されてしまっているようですが古い文化は継承していかなければいけないと思いました。

Photo_5 Photo_6

« 美濃路を歩く | トップページ | 2010年度・初ウォーキング »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古い文化と歴史が残る・須ヶ口:

« 美濃路を歩く | トップページ | 2010年度・初ウォーキング »