2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 富士参りの名残り | トップページ | バス停の終点から・59 »

2009年7月 8日 (水)

昔ながらの商店街へ

 「富士みち」は国道139号線として現在はなっており、富士吉田から都留市方面へ歩いていくと、歩道に屋根のある商店街に入りました。店舗の中にはトタン壁やモルタル造りの建物が多く立ち並びますが、殆ど閉店したお店が多く人通りも少なかったです。Photo Photo_2                              

                              

                               

                                     

                                                              

 商店街を少し歩くと、「ユースホステル」の看板を見つけて商店街から細い路地に入ると普通の民家のような建物が「富士吉田ユースホステル」で昭和11年に建てられ、銭湯→割烹旅館→山梨県の出張事務所を経て、現在は和風ユースホステルとして営業されています。Photo_3 Photo_4                                                       

                             

                                 

                              

                                                            

 細い路地を抜けるとトタン壁の喫茶店が建つ「月江寺通り商店街」に出ました。織物産業が盛んだった昭和30年代に県内外から集まった業者たちが、商いのあとで娯楽を楽しんだ今でも残っています。何だか昔にタイムスリップした感じがします。Photo_5 Photo_6

« 富士参りの名残り | トップページ | バス停の終点から・59 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昔ながらの商店街へ:

« 富士参りの名残り | トップページ | バス停の終点から・59 »