2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 港北ニュータウン内に城跡?! | トップページ | 東海道を歩く(その2) »

2009年6月30日 (火)

東海道を歩く(その1)

 川崎から東京方面へ進むと多摩川を渡り、神奈川県から東京都に入ります。東京側の河川敷にはゴルフ練習場があり、川崎のビル群を見ながら神奈川県を後にします。PhotoPhoto_2

                                  

                                

                                  

                                                            

 川を渡ると、小さな神社が左手に見えてきます。「北野天神」と言う名前で、「止め天神」と石碑も建っています。縁日が25日にあり、「願い事が落ちませんように」と木馬にまたがり天神様に詣でる神事があります。神社の反対側には、旧六郷橋の一部が残されています。Photo_3 Photo_4                                                          

                              

                                

                              

                                                             

 再び第一京浜に戻り、東京方面に進むと「六郷神社」です。大きい境内と立派な社殿があり、旧東海道で六郷橋が架かる前の「六郷の渡し」で横断していた頃は、神社を含めて大変賑わっていたようです。Photo_5 Photo_6

« 港北ニュータウン内に城跡?! | トップページ | 東海道を歩く(その2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東海道を歩く(その1):

« 港北ニュータウン内に城跡?! | トップページ | 東海道を歩く(その2) »