2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 加賀一の宮駅へ | トップページ | 富山の薬 »

2009年6月 8日 (月)

金沢と言えば・・・・

 金沢に来たら行きたかった場所が「兼六園」で、やっと訪れることが出来ました。更に「五百石まつり」開催期間中だったので無料開放されていました。園内はツツジが見頃で随所に見れました。Photo_7 Photo_8                                                

                                 

                                         

                                    

                                                             

 玉砂利の敷き詰められた上り坂を上ると、霞ヶ池に到着します。池を半周したところで大きな松の木が正面に見えてきたのが「唐崎松」です。13代藩主の斉泰が琵琶湖畔の唐崎から種子を取り寄せて実生から育てた黒松です。見晴台からは金沢市内を望む事が出来ます。そして有名な「ことじ灯籠」が見えてきました。さすがにこの場所は名ポイントなのか沢山の人が撮影していました。ただ、橋がかかっているので人も横断するのでシャッターチャンスが難しかった。Photo_9 Photo_10

« 加賀一の宮駅へ | トップページ | 富山の薬 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金沢と言えば・・・・:

« 加賀一の宮駅へ | トップページ | 富山の薬 »